Glaze Antique Blue

釉薬 アンティークブルー

アンティークブルーと名付けたこの色、質感。
私は窯を開ける度、思いもよらない美しい表情に魅せられます。

紺碧色にエメラルドグリーン、そしてアンティークのような風合いをもたらす黒。
それは、とても繊細で、窯や採掘土が変われば、同じものにはたどり着かず、
また、熱の当たり方(窯内に置く位置)や、季節や土の成分の変化の影響も受けます。

セラミックスタジオで出会った頃の色と、自分のアトリエの窯で焼いている色は異なりますし、
いつかは出会えなくなるのかもという、はかなさも感じながら
コントロールしようとした時間もありました。

でも、今はその自然由来のゆらぎを見つめ、
人の心が成長するように、このアンティークブルーもまた成長し
折々の素敵な表情を見られる楽しみへと変わりました。

そんな出会いを楽しみに手に取っていただけたら嬉しいです。

This color and texture, named antique blue, is fascinating with an unexpected beautiful expression every time I open my kiln.

Scarlet and emerald green, and black that gives an antique texture.
It is very delicate and will not be the same if the kiln or mining soil changes. This is also affected by how the heat hits (position in the kiln), seasonal and soil composition changes.

The color that I first met in a ceramic studio is different from the color that I burn in my atelier.
There was a time when I tried to control it because I felt that it might be impossible to meet again someday.

But now I’m staring at the natural fluctuations. Like the human mind grows, this antique blue has also grown, changing to a fun experience where I can meet a wonderful expression each time.

I would be happy if you could look forward to such an encounter.