Story

🌿小さな花器🌿

ねこじゃらしのフサフサ。
シロツメクサのまあるい形。
名前も知らない、綺麗な葉っぱ。

大切に草花を握りしめて、
母親へのおみやげにと急いだ。

そんな記憶から生まれた、
この小さな花器。

それぞれ少しずつ違う花器の表情、
どれもどこか愛すべき魅力があるように、
どんな人にも魅力がある。
欠点と思えることも、
角度を変えてみればチャームポイントに。
みんな違うからおもしろい。
合わさった時の楽しさが生まれる。

いつも同じような一日でも、
グラデーションを繰り返すように
全く違う一日。

生活の中では、
落ち込む日も、嬉しい日もあるけれど、
それもまた、違う毎日だから面白い。

誰もが友を傍で見守るように優しくなれたら、
豊かで平和な日々へつながる。
そう願い、
大切な人を応援するような気持ちで
心を込め、作陶しています。

Aya Ogawa
[Artist / 陶作家]大阪・陶音 Ceramic Studio を経て、作陶拠点を東京へ移す。
異なる色や質感を独自の感覚で合わせ、少し凸凹ながらファミリーを表現した世界。
人とモノが紡ぎ合うように生まれる豊かな風景(ライフストーリー) をデザインするようなモノづくりを心がけています。
TORTUS COPENHAGEN 主宰のワークショップへ参加(2015年デンマーク)その他 陶を活用したプロダクト提案や開発等
 

Fluffy green foxtails.
Pompon-like flowers of the white clover.
A beautiful leaf whose name is unknown.

I carefully grasped the flowers
And rushed to my mother.

My little flower vases
Were born from such memories.

Vases carrying an expression slightly different from each other.
As each one of them being lovable and charming
Each one of us is attractive in his or her own way.
Things that appear to be faults
Can be charming points from a different perspective.
The world is exciting
Because everyone is different.
When they meet each other
Joy is born.

I create ceramics from my heart, believing that mindfulness as we choose a perfect vase for a flower will bring us rich and peaceful days.

It is my joy to create a daily scene in which we all feel seasons through a flower placed in a favorite vase.

AYA OGAWA
Engage in creative pottery in Tokyo , Japan.
The pleasure of combining different colors and textures is similar to family and team work. I will make a pottery to imagine a happy life story of the future.
Participate in workshop presided over by TORTUS COPENHAGEN (2015 Denmark).
[Restaurant INUA] Participate the tableware development team.(provided by the plate & Flower Vases).
Product proposal , joint development etc.
I hope that my pottery brings you daily joy of living with your life.